足痩せの法則⑥【内腿】
ホーム > 足痩せの法則⑥【内腿】

足痩せの法則⑥【内腿】

2014年07月20日(日)13:33

 

 

こんにちは!

トータルボディプロデューサーの北山です。

 

今日は

足痩せには絶対に必要な内容を書きますね!

 

この内容を知って

実践するだけでも

美脚になる方はたくさんいます。

 

◇◇◇足痩せの法則◇◇◇

3.足痩せ筋にスイッチを入れる

 

足痩せ筋とは

(内腿、お尻、太腿前の付け根、膝上、下腿などの筋肉のことを言います。)

 

上記に書いてある足痩せ筋に

正しくスイッチを入れると

自然に足が細くなって行きます

 

ただスイッチを入れるだけで!!

 

そんな方法知りたくないですか?

どうやってスイッチをいれるのか?

 

やり方を載せようと思ったのですが

いろいろあり

載せないことにします。

 

ただどの辺りを意識して

トレーニングをすれば良くなるのかを

書きますね

 

まず内腿ですね

 

 

adduction01

 

 

内腿にはこんなにたくさんの筋肉がついています。

 

そして

内腿のたるみを出しているのが

「大内転筋」

真ん中の写真です

 

内腿を縦に半分に割り

その割った、お尻側後ろ半分についている筋肉です。

 

ここを鍛えれば内腿のたるみが解消されます。

 

すみません

少し難しいですね。

 

簡単に言うと

普段はこんな感じで

内腿にスイッチを入れています。

 

 

11766174_s

 

立った状態で

内腿のスイッチが入っていることが

大切です。

 

実際に私が指導している写真を載せたいのですが

なかなか撮る時間がなく今はイメージ写真を載せています。

 

何となくわかったでしょうか?

 

では!

トータルボディプロデューサー 北山耕二

 



« »

過去の記事