インナーマッスルとアウターマッスルどっちを鍛える!?
ホーム > インナーマッスルとアウターマッスルどっちを鍛える!?

インナーマッスルとアウターマッスルどっちを鍛える!?

2015年05月04日(月)19:16

 

こんにちは!

トータルボディプロデューサーの北山です

 

 

みなさん

 

身体についている筋肉って

大きく分けると

2つに分かれるって知っていますか?

 

 

 

 

 

そうです。

 

 

アウターマッスルとインナーマッスルです。

 

 

 

 

この筋肉の役割を

会社で例えると

 

 

 

営業の方(表でバリバリと働く)と

これを私は

アウターマッスルと表現しています。

 

 

経理や事務職の方(中でバランスを取る)

インナーマッスルと表現しています。

 

 

この2つの役割があることで

会社は成り立っているのだと思います。

 

 

どちらもとても重要な役割があり

そのバランスが取れていることで

会社は発展していくと思います。

 

 

 

 

筋肉にも

 

見た目を変えるのが得意な筋肉(アウターマッスル)と

陰で見た目を変えることをサポートしてくれる筋肉(インナーマッスル)

があります。

 

 

 

この二つを知って頂き

今後のトレーニングに生かすことで

自分の理想の姿になれる可能性が高くなります。

 

 

 

 

なので

今日はこの2つの筋肉

インナーマッスルと

アウターマッスルの違いを説明したいと思います。

 

 

 

このことを知っておくと

 

 

インナーマッスルだけを鍛えればOKという考え方や

アウターマッスルだけを鍛えればOKという考え方が

なくなると思います。

 

 

 

さらに

自分の理想の身体になろうと思って

トレーニングを始めようとしたときに

 

 

 

どちらの筋肉をメインに鍛えれば

効率的で満足のいく結果が出るか

わかると思いますので

 

 

是非参考にして頂けたらと思います。

 

 

 

 

 

 

最近よく言われているのが

 

インナーマッスルを鍛えましょう!

体幹を鍛えましょう!

 

 

など

インナーマッスルを鍛えることが

大事だと言われてる方が多いですよね。

 

 

 

みなさんも興味があると思うので

まずインナーマッスルを鍛えると

どんな効果が得られるのかを

説明したいと思います。

 

 

 

インナーマッスルの役割とは

身体の支持、固定、安定をすることです。

 

 

 

ちなみに

アウターマッスルの役割も書いておきます。

 

 

アウターマッスルの役割とは

身体の支持、固定、安定、動力源です。

 

 

 

役割として大きく違うのは

 

 

インナーマッスルは

固定させることが得意である。

 

アウターマッスルは

動かすことが得意であるということです。

 

 

 

 

見た目を変えるときで大きく違うのは

 

インナーマッスルは

太くなりにくい。細くなりやすい。

 

アウターマッスルは

太くなりやすい。見た目が変わりやすい

 

 

 

 

と簡単に

インナーとアウターの違いを書いていったのですが

なんとなくわかりますでしょうか?

 

 

 

ここからがインナーマッスルを鍛えることの効果です。

 

 

・美脚になりたい。

・美しい姿勢になりたい。

・お腹を凹ましたい。

・小尻にしたい。

・猫背をなおしたい。

・キャシャになりたい人。

 

 

などは

インナーマッスルを鍛えないと

手に入れることはできません。

 

 

 

ただ、人それぞれ

美脚のイメージ

小尻のイメージは

違うので一概に言えないのですが

 

 

一般的に言われている

美脚や小尻には

インナーマッスルのトレーニングが必要になります。

 

 

まとめると

インナーマッスルは

細くなりたい人や

姿勢を美しくさせたい人には

インナーマッスルトレーニングが

とても重要になります。

 

 

 

ただ

身体のメリハリを作るには

アウターマッスルを鍛えないと

なかなか理想には近づかないと思います。

 

次回は

アウターマッスルについて

説明したいと思います。

 

では!

トータルボディプロデューサー 北山 耕二



« »

過去の記事