アンチエイジング④
ホーム > アンチエイジング④

アンチエイジング④

2015年09月09日(水)12:21

 

 

 

こんちには!

トータルボディプロデューサーの北山です。

 

 

今回も

アンチエイジングについて

まずは

食事の見直しについて書いていきますね!

 

 

 

 

4.食事と食事の間隔を上げすぎない

 

 

朝はめんどくさいからとか

あんまりお腹が空いてないからと言って

食事を抜く方が多いと思います。

 

 

 

 

他にも

 

1日1食ダイエット法などを実施している人

などもいらっしゃると思います。

 

 

この考え方は

逆にアンチエイジングになると情報発信されていたりするのですが

もちろんそのやり方で結果が出ているのであれば良いと思います。

 

色々な考え方があるので

自分にあうやり方を探せば良いと思います。

 

 

 

ただ

私がベースにしている考え方は

身体のしくみをベースに情報を発信しているので

発言には責任をもって行っていますので

参考にして頂けたら幸いです。

 

 

 

上記のような

食事と食事の間隔をあけないほうが良い理由には

 

 

 

 

・早食いになってしまう可能性が高いこと

・過剰に糖を摂取してしまう可能性が高いこと

・暴飲暴食をする可能性が高くなること

 

 

 

などにより

 

必要以上の偏った栄養素を取る可能性が高いからです。

 

 

 

 

 

例えばこういう経験ないですか?

 

 

 

朝ご飯は寝坊して食べずに

昼も会議が長引き食べれない

そうしたら夕方に

とてもお腹が空き

丼物に揚げ物にさらに甘い物を一気に食べた経験はないでしょうか?

 

 

ここまではないにしろ

チョコレートやケーキなどを

むさぶりついた経験はないですか?

 

 

 

 

 

 

こんな事が習慣化されると

 

 

・急激な血糖値の上昇の繰り返しにより糖化の促進

・消化器系の負担による身体の悪影響

 

が考えられます。

 

 

なので

なるべく1日3食を目指すことをおすすめしています。

 

 

そうすれば

余分な栄養素をとらなくてもよくなりますよ!

 

 

 

 

5.果物を食べ過ぎない

 

 

まず果物を食べ過ぎるとどうなるのか?

 

 

・太ります。

 

 

そして

果物は炭水化物に分類されるのですが

 

 

 

炭水化物が胃の中で消化され

大きくわけると下記の3つにわけることができます。

 

 

 

 

・ブドウ糖

・果糖

・その他の糖

 

 

この中でも

果糖は

老化の現象の1つである糖化を起こす可能性が高いというデータがでてます。

 

 

なので

果物のとりすぎは

アンチエイジングにとって

おすすめ出来ません。

 

 

今日はここまでにしておきます。

 

 

では!

トータルボディプロデューサー 北山 耕二



« »

過去の記事