アンチエイジング⑩
ホーム > アンチエイジング⑩

アンチエイジング⑩

2015年09月30日(水)12:04

 

 

こんにちは!

トータルボディプロデューサーの北山です。

 

 

 

食欲の秋と言いますが

確かに

最近やたらお腹が空く気がします。

 

 

 

 

それを言い訳に

私も

暴食をしてしまうときがあります。

 

 

しかし

むやみやたら暴食するのではなく

ちゃんと

 

 

タンパク質を多めにとるとか

ジャンクフードやお菓子等は食べないとか

食べた次の日は控えるとか

 

など

 

いろんな事を意識しています。

 

 

みなさんも

たまに暴食をしてしまうのは

仕方ないと思いますので

 

 

そのままだらだら

暴食を続けないように

 

食べるときは食べる

それ以外のときは

健康な食事を心がけるようにしましょうね♪♪

 

 

では

本題です。

 

 

 

 

 

アンチエイジングには

 

適度な運動

が必要ということを書いています。

 

 

その3つ目の理由が

 

 

・筋力の維持、向上の為

 

です。

 

 

 

 

アンチエイジングとは

 

老化を可能なかぎり少なくし

いつまでも若々しくいることだと

 

 

書いてあります。

 

 

 

前回も少し書いたのですが

 

 

 

 

適度な運動をしなくなると

どうなるかと言うと

 

 

筋力が落ちます。

 

 

 

筋力が落ちて何が一番問題かと言うと

私は

 

 

 

・姿勢が悪くなること

 

 

 

 

だと思います。

 

 

 

 

姿勢が悪くなると

 

 

 

 

 

老けて見える意外にも

デメリットがたくさんあります。

 

 

・猫背

・肩コリ

・腰痛

・お腹ぽっこり

・下半身太り

・背中のたるみ

・二の腕が太くなる

・二重あごになる

 

などです。

 

 

アンチエイジングから

かけ離れた状態になります。

 

 

逆に

姿勢が美しいだけで

10歳は若く見えることもありますよね。

 

 

 

周りの方を

よく観察してみてください。

 

 

 

若いなと思う

ご年配の方は

 

 

決まって

姿勢が良いです。

 

 

 

姿勢を美しくする為にも

適度な運動が必要なのです。

 

 

 

姿勢を保持する筋肉は

 

 

 

特に

インナーマッスルが

必要です。

 

 

インナーマッスルは

身体中にあるのですが

 

 

 

その中でも

大切なのが

 

1.骨盤周りについているインナーマッスル

 

 

次に

2.足の裏に関連するインナーマッスル

 

同じくらい大切なのが

2.股関節を周りについているインナーマッスル

 

 

この3つ以外にも

 

 

大切なインナーマッスルは

あるのですが

 

 

この3つを改善する事で

すごく姿勢がよくなると

 

私は考えています。

 

 

 

インナーマッスルトレーニングを習い

 

 

 

姿勢を美しくし

アンチエイジングしていきましょう♪

 

では!

トータルボディプロデューサー 北山 耕二



« »

過去の記事